イメージ画像

JRみどりの窓口でjcb商品券を使うメリット

数ある金券の種類の中でも、特に幅広い用途へ役立てられるjcb商品券ですが、残念ながらJRにあるみどりの窓口では使用できません。

そのため、新幹線チケットも購入不可です。

勘違いのないよう、うまく役立ててみてください。

JRみどりの窓口で使用する際の注意点とは

わざわざ新幹線チケットを購入するため商品券を利用しようと考える理由には、いくつかのものが考えられます。

まず一つが、現金の手持ちがない場合です。

jcb商品券をはじめとした金券は、JRみどりの窓口では現金同様の価値を持つため、財布が空の状態であっても多くの買い物や支払いに役立てられます。

次に、もらいもののjcb商品券がたくさん余っている場合です。

電車チケットの中でも、新幹線チケットは比較的高額な部類に入ります。

jcb商品券には500円・1,000円・5,000円の3タイプがあるものの、JRみどりの窓口でもし5,000円しかないといった場合、小額の買い物では役立てにくいです。

なぜなら、VJAギフトカードと同じく会計でのおつりは出ない仕様となっているためです。

その点では、高額な新幹線チケットであれば、損しにくく抵抗なくJRみどりの窓口でも使えるのです。

そして最後に、jcb商品券の現金化を目的とした使用です。

商品券そのままではやはり現金と比べると、少し使える範囲が狭いです。

換金目的でJRみどりの窓口で使用する事は規約でNG

その点、新幹線チケットや回数券を買って金券・チケットショップに出せば、結果として現金へと換えることができます。

金券やクレジットカード枠の現金化は近年注目を集めているので、特にこの裏技の方法を狙う人が多いことでしょう。

ですが残念ながら、冒頭の通りJRみどりの窓口ではjcbをはじめ、ほとんどの種類は使えない決まりとなっています。

例外として、JR西日本におけるJR西日本WENSギフトカード、JR各社発行の500円ギフトカード、国鉄ギフトカードは使えるようですが、やはりいずれもクレジット会社のものとは異なります。

そうなると、みどりの窓口は現金とJR発行のギフトカード以外対応していないようにも感じられますが、決してそうでもありません。

現金のほか、クレジットカード払いにも対応しています。

かならずしもJRみどりの窓口では現金必須という訳ではないので、その点安心しておいてください。

jcb商品券をなんとかして新幹線チケット購入に役立てたいなら

どうしてもJRみどりの窓口で使用できないケースはある?

使えないといわれても、どうしてもjcb商品券しか限定して使えない。

そんな場合には、少し特殊な手段を検討してみても良いでしょう。

例えば、JRみどりの窓口ではなく店舗がある旅行代理店です。

旅行会社はツアープランを顧客に提供するにあたり、各種乗車券も幅広く取り扱っています。

そしてそういったものは、旅行検討時以外でも単品購入が可能です。

そうした特徴を活かして、JRみどりの窓口で新幹線チケット購入に役立ててみてください。

ただ、旅行代理店によって使える種類は異なるため、あらかじめ電話等で詳細を問い合わせておいてください。

jcb商品券の使える代表的な会社としては、日本旅行と名鉄観光が代表的でVJAギフトカードと違います。

JRみどりの窓口ではなく旅行代理店を活用する方法

次に、一旦別の方法で現金化してから、あらためて現金で新幹線チケットを購入する方法です。

新幹線チケット同様、jcb商品券そのものもまた、全国の駅前の金券ショップで買い取ってもらえます。

換金率に応じて若干額面より金額は下がるかもしれませんが、それでも紙幣に現金化できるのであれば、大きなメリットとなります。

各種金券の中でもjcb商品券は人気銘柄なので、JRみどりの窓口や多くのお店で買い取ってもらえることでしょう。

現金さえ手に入れば、みどりの窓口で購入することももちろん可能です。

結果的に、jcb商品券の価値で新幹線チケットを買うことに繋げられます。

 VJAギフトカードとjcb商品券の換金


このページの先頭へ